富田望生の太った理由は役作り?痩せてる画像も!女優を目指したきっかけは?

映画にドラマに大活躍中の女優の富田望生さん。

そのぽっちゃりキャラと迫真の演技で人気上昇中ですね。

そんな富田望生さんですが、実は元々痩せやすい体質で、今のぽっちゃり体型は役作りのためだったとか。

今回は富田望生さんの痩せていた画像や、太った理由女優を目指したきっかけを調べてみました。

富田望生の痩せてる画像

こちらが富田望生さんの痩せていた頃の画像です。

今とは違った印象です。今も愛嬌があって可愛いと人気の富田望生さんですが、この頃は正統派美人さんという感じ。

こちらは2015年映画『ソロモンの偽証』でデビューされたときの画像ですが、

13歳の頃の写真と比べるとかなり変わっていますね!

ただこれには理由があったようです。

次に富田望生さんが太った理由についてみていきましょう。

富田望生の太った理由は役作りだった

調べてみると富田望生さんが太った理由はや役作りだったということが分かりました。

富田望生さんは2015年に映画「ソロモンの偽証」のオーディションに合格しますが、監督に衝撃の一言を言い渡されたそう。

なんと、監督から「2か月であと20㎏太ってください」と言われたとのこと。

当時は標準体型だった富田望生さんですが、オーディションで受けた浅井松子という役は太った中学生の役。

そのため体重の増加を余儀なくされたようです。

当時富田望生さんは太るのにとても苦労したそうですが、結果として20㎏までは到達しませんでしたが15㎏の増量に成功したそうです。

また、思春期の多感なときに20㎏もの増量は嫌ではなかったのか?と聞かれると

「全然思わなかったです。初めてもらった役、初めて出られた作品だったので、そっちの方が嬉しかった。それが当たり前だと思っていたので」ときっぱり答えたそうです。

演技力はもちろん、役者としてここまで努力できるのは本当にすごいですね。

富田望生は痩せやすい体質だった

初めての映画出演で体重を15㎏増量させた富田望生さんですが、実は痩せやすい体質で、作品と作品の合間に空きがあると痩せてしまうのだとか。

実際に『3年A組』の撮影が終わったあとは10​kgくらい体重が落ちてしまったそうです。

また映画『チア☆ダン』の時はダンスシーンが多くカロリーを消費して痩せてしまい、体型維持には苦労したそう。

ただ、そんなときも役によってどういう家庭で育った子なんだろう?とかそういったことまで想像して食生活も変えるなど役作りを徹底しているようです。

「デブだから映画に出られているだけでしょ」といった陰口が耳に入り、ショックを受けたこともあったそうですが、陰でこんなに努力されていたんですね。

富田望生が女優を目指したきっかけは?

高い演技力と役作りのための努力を惜しまない富田望生さんですが、女優を目指したきっかけについても調べてみました。

実は富田望生さんが女優になったのには東日本大震災と大きな関りがあるそう。

富田望生さんは福島県いわき市出身


2011年3月11日に東日本大震災が起きた当時、富田望生さん自身はまだ小学校5年生で教室にいたとのこと。

家族は無事だったもののお母さんが福島第一原発から約35キロ以内のホテルの支配人として勤務していて自主避難を余儀なくされたそうです。

そこでお母さんと富田望生さんは系列ホテルがある東京へと移住してきました。

東京での慣れない暮らしが始まった富田望生さんですが、お母さんに告げずにタレント募集の広告に応募したそうです。

その理由は地元いわきのみんなに元気な姿を見せたいという気持ちからだったとのこと。


その後見事オーディションに合格してテアトルアカデミーという芸能事務所に所属し、2015年には「ソロモンの偽証」に出演することができました。

地元のみんなに元気な姿を見せたくて女優になるなんてとっても素敵ですよね。

福島の友達も富田望生さんの姿を見て励まされたことでしょう。

富田望生プロフィール

  • 名前  富田望生(とみた みう)
  • 生年月日  2000年2月25日
  • 身長  152cm
  • 出身地  福島県いわき市
  • 所属事務所  テアトルアカデミー→ジャパン・ミュージックエンタテイメント

普段はおっとりとした穏やかな性格だという富田望生さん。

しかし20㎏の増量からも分かるように役作りには常に全力です。

役に入り込んでしまうため普段の生活でも役を引きづってしまい、言葉遣いが乱暴になったりベッドで寝なくなったりしたこともあったのだとか。

とっても真面目で努力家のようですね。

これからのご活躍も益々楽しみです!