玉城ティナはハーフで出身は沖縄県!両親や兄弟、幼少期についても調べてみた

ファッション雑誌「ViVi」の最年少モデルとして14歳のときにデビューされた玉城ティナさん。

最近は映画「Diner ダイナー」「惡の華」「地獄少女」「AI崩壊」など話題作へ次々と出演し、女優としても大活躍されていますね!

そんな玉城ティナさんですがその見た目からハーフなの?と思った方も多いはず。

今回は玉城ティナさんの出身はどこ?やハーフなの?両親や家族構成は?といった疑問について調べてみたいと思います。

玉城ティナはハーフ

玉城ティナさんは父親がアメリカ人母親はが日本人ハーフです。

出身は沖縄県だそうです。

沖縄出身でお父様がアメリカ人というと、父親の職業は「米兵なのでは?」と一部では噂になっていたようですね。

ただ、これは確かな情報ではないので間違っている可能性がありそうです。

また玉城ティナさんは自身の英語力について以前インタビューでアメリカ人の父親を持つので聞き取りはできるけれど会話は日常会話程度とお話しされています。

ただ、20歳の頃には英語を勉強するためにシドニーへ短期留学をされるなど、国際的に活躍するために頑張っているようです。

玉城ティナの家族構成

アメリカ人とのハーフで幼少期からとっても可愛いかった玉城ティナさん。

ご兄弟がいたらきっと美形なんだろう、どんな方なのかな?って気になったので調べてみました。

しかし玉城ティナさんには兄弟はいませんでした!一人っ子だそうです。

幼少期には両親から「公務員になりなさい」「大学に進みなさい」と言われていたため、将来の夢は公務員、勉強が出来れば何とかなるという考えをずっと持っていたそう。

また習字・ピアノ・水泳・太鼓・ダンス・英会話・そろばん・学習塾など幼い頃からたくさんの習い事をしていたとのこと。


きっとご両親は可愛い一人娘に色々な経験をさせて、堅実な人生を歩めるよう大切に育てられてきたのですね。

芸能界に入ることを決めた時はどう思われたのでしょうか?などといらぬ心配をしてしまいますが、芸能活動を初めても常に目標を持ち、自分で道を切り開いていく彼女の活動を見ると、それも両親の教育があってのものなんだろうなと思いました。

玉城ティナの幼少期が可愛い

とっても可愛くてどこかミステリアスな魅力もある玉城ティナさんですが、幼少期からきっと可愛かったんだろうな~と思いますよね!

その写真がこちらです。

まさにプリンセスのように可愛らしいですね!

こちらは中学生時代の写真でしょうか?学生時代も変わらず可愛い!

またこちらはデビュー当時にテレビに出演した際の画像ですが、今より少し幼くてあどけない感じ。さすが超美少女と言われるだけあります。

小さい頃から美少女だった玉城ティナさん。大人になって益々その魅力が増していますね。

玉城ティナのプロフィール

  • 本名  玉城ティナ(たましろ てぃな)
  • 生年月日  1997年10月8日
  • 出身地  沖縄県浦添市
  • 血液型  O型
  • 身長  163cm
  • 趣味  お洒落・ウィンドウショッピング・音楽鑑賞・貯金
  • 特技   歌を歌うこと・暗記

玉城ティナさんは沖縄県出身。

地元で部活着のまま友達と歩いていたところに事務所の社長にスカウトされ、デビューしたそうです。

2012年7月には講談社主催ので「ミスiD(アイドル)2013」でグランプリを獲得

同社発行のファッション雑誌『ViVi』2012年10月号から専属モデルとなります。

2014年1月スタートのドラマ『ダークシステム恋の王座決定戦』でドラマデビュー。

2015年には「天の茶助」で映画デビューも果たしました。

以降は「貞子vs伽椰子」「暗黒女子」「わたしに××しなさい!」「Diner ダイナー」など女優としても活躍されています。

2019年2月に雑誌『ViVi』の専属モデルを卒業しています。