篠原涼子の若い頃が可愛すぎ!昔の演技や下ネタコントもすごかった?

数多くのドラマや映画、CMで活躍されている篠原涼子さん。

クールビューティーな見た目と、可愛らしいトークで大人気の女優さんです。

そんな篠原涼子さんですが、若い頃はどんな感じだったのか気になりますよね。

また調べてみると若い頃はかなり身体を張った演技で頑張っていらっしゃいました。

そこで今回は篠原涼子さんの若い頃と、気になる身体を張った演技についても調べてみました。

篠原涼子の若い頃が可愛い!

篠原涼子さんといえば現在40代ですが、40代とは思えない美貌と抜群のスタイルが素敵ですよね。

そんな篠原涼子さん若い頃の姿が気になったので、現在に至るまでを調べてみました。

デビュー当時

篠原涼子さんは1989年『高速戦隊ターボレンジャー』へのゲスト出演により芸能界デビューをしています。

当時篠原さんは16歳だったそうです。

その後その後東京パフォーマンスドールのメンバーとしてCDデビュー。

時代を感じさせるのは否めませんが、この頃からとっても美人さんでした。

20代

東京パフォーマンスドールは1995年ごろに自然消滅したそうなのですが、その後篠原涼子さんは『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演されています。

 

20代の篠原涼子さんも相変わらず綺麗というか今とあまり変わっていないですよね!

ほんの少し若くしただけかな?というくらいです。

20代から40代でこんなに変わらないのもすごいことだと思います。

実はこの番組ではかなり身体を張った演技をされていたようですが、そちらについては後程動画と共に見ていきましょう。

1994年には『愛しさと切なさと心強さと』が大ヒット。

顔が美人なのはもちろんなんですが、スタイルが素晴らしく良いですね。

 

30代

篠原涼子さんと言えばこのドラマを思い出す方も多いのではないかと思いますが、2006年大人気ドラマ『アンフェア』で主演を務めます。

当時篠原涼子さんは33歳

スタイルが良いのでスーツがとても似合いますね。

また2007年にはドラマ『ハケンの品格』でも主演を務めています。

この頃から篠原涼子さんと言えばクールビューティーな女性というイメージが定着している気がしますね!

ただ見た目は10代から30代まで大きく変わっていないような気がしました。

10代から30代でこれほど見た目が変わらないってすごいことですよね!

昔の出演作品の身体を張った演技がすごい

先述した通り、篠原涼子さん『ダウンタウンのごっつええ感じ』ではかなり身体を張った演技をされていたようです。

叩かれたり、蹴られたり、下ネタを聞かされたり今のテレビでは放送禁止になるような内容になっています。

こちらは松ちゃんが料理の先生という設定のコントですが、叩かれたり、下ネタを聞かされたりかなりハードなコントになっていますね。

こちらは東野幸治さんとのコントですが無理やりキスされていますね。

今の篠原涼子さんのイメージからは想像がつかないような激しいコントをされていて衝撃を受けます。

篠原涼子の若い頃|まとめ

篠原涼子さんの若い頃の画像を見てきましたが、若い頃からとってもきれいでしたね。

40代の今もその美貌は変わらず、むしろ若い頃とそこまで変わっていないように思えました。

10代から40代でこれだけ変わらないのもすごいことですよね。

ただ時代背景のせいもあると思いますが、すごく身体を張った演技をされていたことが分かりました。

最近の篠原涼子さんのイメージとはだいぶ違ったのでそちらの方が衝撃だった気がします。

若い頃の下積み時代から一生懸命頑張ってきたからこそ今の篠原涼子さんになったのかもしれません。

今後のご活躍も楽しみです!