島太星の天然すぎるエピソードまとめ!キャラ作りや障害?との噂についても

北海道発のボーイズグループNORDのメンバーで、歌手、俳優、タレントとしても活躍中の島太星さん。

バラエティ番組などに出演した際の天然っぷりが面白すぎると話題です。

中にはあまりの天然っぷりにキャラ作りのためにワザとやってるの?それとも発達障害なの?との声もあるほど。

今回はそんな島太星さんの天然エピソードや、天然はキャラ作り?障害?の真相、また歌や演技とのすごすぎるギャップについてお伝えしたいと思います。

島太星の天然エピソード

①ヒルナンデスでの山ちゃんとのやり取りがまるで漫才

2020年2月、ヒルナンデスに初登場された島太星さん。

MCの山里亮太さんから紹介された際には緊張のせいか噛み噛みの挨拶で自己紹介。

山里さんからは早速「君には何かワクワクさせられるな」と突っ込まれていました。

そして更に緊張のあまりか「心拍が張り裂けそうです。」と謎の発言。

あまりの天然っぷりに山里さんに「何回職務質問にあった?」と聞かれると、

「大丈夫です。僕平和な人です」とまたまた面白い発言を。

まるで漫才のようなやりとりに共演者も爆笑でした。

②事務所の大先輩、大泉洋を呼び捨て!?

事務所の先輩である大泉洋さんと島太星さんがファンミーティングを行った際に結成された「洋と太星」

自己紹介の際に緊張のせいか、「洋さんと太星」というところを「洋と太星さん」と大泉洋さんを呼び捨てにし、自分をさん付けしてしまったそう。

大泉洋さんは島太星さんをとても可愛いがっており、そんな仰天発言も笑って許してくれたようですが、大先輩を呼び捨てとは、本当に天然なんでしょうね。

③食レポでも天然っぷり炸裂

食レポでも天然っぷり炸裂のの島太星さん。

食レポの際にメインの料理を食べる前にご飯を食べてしまうというエピソードも。

また地元北海道の番組に出演され、ジンギスカンの食レポをした際は、

「生々しい」「生温かい」との何とも言えないコメントを。

スタッフやお店の方もヒヤヒヤしたことでしょうね。

④最寄り駅を「サキヨリ駅」と読み間違え

読み間違いもすごい島太星さん。

こちらは島太星さんと同じ事務所に所属する芸人「オクラホマ」の河野さんが公開した島太星さんとのLINEのやり取りで発覚。

最寄り駅を「サキヨリ駅」と読んだり、タッグを「タックル」と読み間違えたり、かなりパンチのある読み間違えをされていました。

河野さんも言われる通り、面白すぎて一人では抱えきれず思わずシェアしたくなってしまったのでしょうね!

⑤行列でのクイズの出題がおバカすぎる

2020年2月16日、大泉洋さんの一押しの後輩として「行列のできる法律相談所」に出演された島太星さん。

番組の中でクイズを出題することになった島太星さんですが、ここでも天然っぷりは炸裂。

島太星さんが「白いブツブツしたものなんだ?」と出題したところ、共演者は「お米」「発砲スチロール」などと回答します。

お米や発泡スチロールとの回答に対して「惜しい~!」と言ったあとに答えは「毛穴」

まさかの答案に一同「どこが惜しいねん」と野次をとばすも大泉洋さんをはじめ出演者は大爆笑されています。

またもう一つ「食べられないおにぎりはなんだ?」と出題されると、「焦げたおにぎり」「賞味期限の切れたおにぎり」と共演者が次々に回答。

しかし答えはなんと「梅」

これには共演していた小池栄子さんも「自分が食べられないだけでしょ!」と思わず突っ込まれていました。

⑥クイズ番組「トリニクって何の日?」での珍回答

画像

2020年6月31日放送のクイズ番組「トリニクって何の日?」に出演された島太星さん。

画像

落花生を「がれき」と呼んでしまったり。

画像

宇治金時を「じじきんじ」?と読んでしまったり。

ここでも数々の珍回答を連発されていたようです。

霜降り明星のせいやさんからは「なんで3時間のスペシャルにこんな怪物連れてくるんですか!」と芸人の立場から危機感を嘆いていました。

島太星の天然はキャラ作り?

ぶっ飛んだ天然キャラでバラエティ番組で大活躍の島太星さん。

あまりの盛り上げっぷりにキャラ作りのためにワザとやっているのか?やボケすぎているから何かの病気なんじゃないか?などの噂も。

ただ、先述したエピソードにもあるように、事務所の大先輩である大泉洋さんをはじめ、オクラハマの河野さんなど、島太星さんをとても可愛がっている様子が分かります。

キャラ作りのためにワザとボケているとしたらそんなに先輩に可愛いがられるでしょうか?

また何かの障害というよりは緊張と天然は混じって面白いことになっているだけという感じがします。

島太星の天然っぷりと歌や演技とのギャップがすごい!

そして最後に忘れてはいけないのが島太星さんの本業である歌と演技。

バラエティでのボケっぷりからは想像がつかないくらいクールでカッコいいんです。

2019年12月放送の全日本歌唱力選手権、「歌唱王」に出演され、その歌のうまさを評され、最近では全国区のテレビ番組への出演を増やしています。

実は島太星さん、2018年にアメリカ・ニューヨークのアポロシアターで行われた「アマチュアナイト」に出場したことがあるそうです。

所属するNORDではリードボーカルを務めるなど、日本人離れした伸びのある力強い歌声には定評があります。

また歌だけでなく舞台にも出演され、演技力がすごい!と評価されています。


気になったので動画を探してみると、「リ・リ・リストラ~仁義ある戦い・ハンバーガー代理戦争」の番宣のための動画がみつかりました。

残念ながらセリフを言っているシーンは見られませんでしたが、島太星さんの歌唱シーンは1:50~

 

こちらは島太星さんの所属事務所の会長でありタレント・映画監督の鈴井貴之さんが脚本・演出を務めた舞台。

ネット上には演技をみた方からの天然キャラとは違って堂々とした演技を評価する意見や、生歌に感動したとの意見が沢山ありました。

天然で愛されキャラである上にパフォーマンスの素晴らしさも評価される島太星さん。

今後のご活躍も楽しみですね!