神田伯山(松之丞)の嫁は食パン似?経歴や馴れ初め、子供についても

講談界のスター、神田伯山さん(松之丞から2020年2月に襲名)

最近ではテレビ番組やラジオ番組にレギュラー出演するなど人気上昇中ですね!

ラジオではご家族のお話をされることも多く、神田伯山さんの嫁ってどんな人?と思われている方も多いでしょう。

今回はそんな神田伯山さんの奥様の経歴馴れ初め子どもについて調べてみました。

また奥様について調べていると「食パン」というワードがヒットしてくるのですが、それについても真相をお伝えしたいと思います。

神田伯山(松之丞)の嫁はどんな人?

神田伯山さんの古舘理沙(ふるたちりさ)さんといいます。

プロフィールは以下の通り。

  • 生年月日  1981年
  • 出身地  兵庫県西宮市出身
  • 出身大学  国際基督教大学卒

神田伯山さんの奥様は現在、神田伯山さんの事務所である冬夏株式会社代表取締役社長を務めています。

マネージメントやYouTubeなどメディアをプロデュースなどもされているようです。

神田伯山(松之丞)の嫁は食パンに似ている?

神田伯山さんの奥様についてですが、調べていると「食パン」というキーワードがヒットしてきます。

そのことから、神田伯山さんの奥様は「食パンに似ている?」「食パン似の顔ってどんな顔?」と様々な憶測がされていました。

実はこれが言われるようになったきっかけは神田伯山さんがラジオで自身の奥様について「食パンに似ている」と発言だったといいます。

ただ、実際には神田伯山さんの奥さまは着物の似あう和風美人だそう。

神田伯山さんがなぜ奥様のことを「食パン」と発言されたのかは分かりません。

もしかしたら食パンのようにものすごく派手ではないけれどなくてはならない、必要な存在。

直接いうのは照れくさいけれど大切な存在ということをこっそり伝えているのかもしれないなと思ってしまいました。

神田伯山(松之丞)嫁の経歴がすごい!

神田伯山さんの古舘理沙さんは国際基督教大学(ICU)を卒業されています。

とても優秀な方なんですね!

大学2年のときに履修したラテン語の授業で西洋古典にはまり猛勉強をして大学院へ行くことを決意するも、入試に失敗をしてしまったそう。

一時は浪人生活をしますが、徐々に就職することを決意したそうです。

そして株式会社リクルートHRマーケティングでの営業職として就職をします。

それから半年で退職し、もっと興味の持てる仕事をしたいと転職をし、出版会社で編集者として働きはじめました。

VOGUE Nippon(現、VOGUE JAPAN)、GQ JAPANでは編集者として、またnicola(新潮社)のイベント企画/制作進行に携わっていたこともあるのだとか。

かなりやり手の女性という感じがしますね。

しかしこの頃、落語の面白さに目覚めた古舘理沙さんは出版業界を辞め、興行師に弟子入りされます。

興行師とは寄席や演芸の企画や観客の集客をする仕事です。

見習いを終えた後は独立し、寄席演芸の興行を手がける「いたちや」を創業。

日本で唯一の女性興行師となりました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

現在は神田伯山さんのプロデュースに専念すべく「いたちや」は閉め、神田伯山さんの個人事務所「冬夏株式会社」を設立。

マネージメントやYouTubeなどメディアをプロデュースなどをされているようです。

神田伯山(松之丞)と嫁の馴れ初め

神田伯山さんと嫁、古舘理沙さんの馴れ初めはご想像されている方も多いのではないでしょうか?

そう、奥様の設立した「いたちや」の主催した講談の会に神田伯山さんが出演したことをきっかけに二人の仲が深まりお付き合いをスタートされたそうです。

週刊新潮によると、神田伯山さんは

会に出演するようになり何度となくメールを交わしているうちに、理沙夫人が送ってくるメールに猫の顔マークをつけてくるのが、かわいいと思った

と仰っていたそうです。

興行師としてバリバリ働かれていた奥様の可愛いらしいギャップに惚れてしまったのかもしれませんね!

神田伯山(松之丞)子供はいる?

神田伯山さんと嫁、古舘理沙さんには2018年に9月に生まれた子供一人いらっしゃいます。

お子さんの名前や性別は公表されていないのですが、子供の性別を公表しない理由は、「性別は子供が自ら決めるもの」という奥様のお考えのもとだそう。

今の時代にあったとても素敵なお考えですよね。

神田伯山さんの奥様について調べてみましたが、その経歴やお考えなど、とても芯の強い、素敵な女性であることが分かりました。

今後も夫婦で支え合ってご活躍されること間違いないですね!