ENHYPEN・ジェイクのオーストラリア英語が最高!国籍や本名は?

サバイバルオーディション番組I-LANDから誕生した7人組ボーイズグループ、ENHYPEN。

そんなENHYPENのジェイクさんのオーストラリア英語がカッコいい!と話題になっています。

今回はジェイクさんのオーストラリア英語について、また本名や身長などのプロフィールを調べてみたいと思います。

ENHYPEN・ジェイクのオーストラリア英語が最高!

ENHYPENのジェイクさんの英語がカッコいい!と話題になっています。

オーストラリアで生まれたというジェイクさん。

かっこいいとの声が続出していますが、実際にジェイクさんのオーストラリア英語を聞いてみましょう。

ジェイクの英語の自己紹介がカッコいい!

まずはジェイクさんが英語で自己紹介をしている様子から。

オーディション中の自己紹介ということもあり、初々しいですね。

緊張している様子ですが、とっても流暢に英語を話しています

rの発音がアメリカ英語のように巻き舌になっていないなど、オーストラリア英語だなぁというのも感じられます。

Debut Trailer のナレーションが最高だった

続いて2020年10月に発表された Debut Trailerのナレーション。

このナレーションをするジェイクさんの声に悶絶するファンが続出しているようですね!

このホラーな雰囲気とオーストラリア英語が良い感じにマッチしてとってもカッコいいですね。

イギリス英語の影響を強く受けているオーストラリア英語ですが、ジェイクさんのオーストラリア訛りからハリーポッターを感じるという声も。

確か1分弱のDebut Trailerですが、映画みたいですよね!

間違いなくジェイクさんの英語が良いアクセントになっています。

これだけ流暢にオーストラリア英語を話すため、ジェイクさんはハーフ?との声があったようですが、実際はどうなのでしょうか?

ジェイクはハーフ?国籍は?

ENHYPENのジェイクさんは本当に流暢にオーストラリア英語を話しますね!

オーストラリアで生まれて育ったということなのでハーフなの?と思われた方も多いはず。

しかし実際にはジェイクさんはハーフではなく、両親は韓国人の可能性が高いです。

というのもジェイクさんはオーディション中に番組内で、オーストラリアの市民権を持っていないと話していました。

オーストラリアはどちらかの親が市民権を持っていればその子供も市民権にも発生するので両親ともオーストラリア人ではなさそうです。

ENHYPEN・ジェイクの本名は?

オーストラリア英語を流暢に話すジェイクさんですが、ハーフではないということがわかりました。

なんとなく見た目もハーフっぽい気がしていたんですけどね!

そんなジェイクさんの本名はシム・ジェユン(심재윤)さん。

お名前は普通に韓国人でした!

英語表記だとshimjaeyoonです。

ハッシュタグshimjaeyoonでもたくさん投稿が上がっています。

ジェイクのプロフィール

  • 名前 JAKE(ジェイク)
  • 本名 シム・ジェユン(심재윤)
  • 生年月日 2002年11月15日
  • 身長 176㎝?
  • 血液型 O型

オーストラリアのブリスベンで生まれたというジェイクさん。

ご両親はおそらく韓国人ですが、オーストラリアで会社を経営されているようです。

幼い頃からバイオリンを習っていたとも仰っていたり、おそらく裕福な家庭で育ったのでしょう。

オーストラリアに住み続け、市民権を取るつもりでしたが、BTSをみてアイドルになりたいと思い、ビッヒのグローバルオーディションを受け、合格。

そしてわずか9か月という練習生期間でデビューに至りました。

強い意志を持ってオーストラリアから単身で渡ってきたジェイクさん。

今後の活躍が楽しみです!

ニキ(ENHYPEN)がヒョンジン(Stray Kids)にそっくりでハーフ?画像で比較

2020.10.15

ENHYPEN・ニキの身長が伸びて180㎝以上に?本名などプロフィールも

2020.10.01